マッサージができることを考えたことがありますか?@さまざまな効果がうれしい!

MENU

自律神経のバランス改善効果

マッサージの効果は凝った体をほぐして体も心もリラックスさせる効果がありますが、自律神経失調症の方や不眠症の方にもおススメです。

マッサージをすることでストレスがかかっていた筋肉の緊張が緩むと交感神経の血流も正常化するため、自律神経が副交感神経の方に傾き優位な状態が続き自律神経のバランスを整えることができます。

自律神経のバランスを整えることで体や脳をリラックスさせることができ、自律神経失調症や不眠症の改善にも効果があります。自律神経失調症は放っておいても治りません。

早めに専門のマッサージ師の施術を受けて改善させることをおススメします。

現代はストレスをかかえながら生活をしている人が多いです。ストレスが溜まっているときに、緊張状態からリラックス状態へと導くとともに自律神経も身体を休める副交感神経を活発にさせて自律神経のバランス改善するのがマッサージです。

マッサージは頭痛やめまい、吐き気や冷や汗他、眠れないとか体がだるい、あるいは不安感やイライラしているときなどあらゆる症状に効果があります。

また、現代は鬱病や鬱の症状がある人が多いですが、自律神経のバランス改善効果他精神をリラックスさせる効果があるマッサージは、鬱病患者の治療にも利用されています。

4人に1人が睡眠障害と言われるほど睡眠不足に悩んでいる人が多くいます。

眠れないときは安眠のツボを押す指圧を行ってみてください。安眠のツボとは頭の頂上にある百会で、指で押すとぶよぶよしたとことがありますから、中指の腹に力をかけて1分ほど押し続けます。

免疫力が増える効果

免疫力が高いと風邪もひきにくく、細菌やウイルスに感染するリスクも下げられます。
インフルエンザが流行っても、感染している人に近づいても感染しない人がいますが、その人の免疫力が大きく関係しています。

人間の健康にとって大事な免疫力ですが、マッサージには免疫力を高める効果もあるのでおススメです。マッサージを行うことで血球の数が増えて免疫力が上がることは科学的にも証明されています。

また、マッサージは自律神経のバランスを整えますから、自律神経のバランスが整うと細胞の隅々まで働きかけて細胞の働きを活発にさせるため、免疫細胞や抗酸化物質を作る細胞もきちんと働くようになります。

さらに、マッサージは血行を良くしたり、リンパの流れをスムーズにする効果がありますから、人間の体が持っている自然治癒の力も活発になりの免疫力アップが期待できます。

健康で毎日を送るには免疫力が欠かせません。免疫力が低下していると風邪やインフルエンザにかかりやすく症状も重くなりがちです。

風邪をひくと体がこわばった感じになったり筋肉痛になることがありますが、その原因は風邪のウイルスが体内に侵入すると、人間の免疫システムが働いて体中に侵入者を知らせるための物質が分泌され、物質が痛みや発熱の元になります。

風邪をひいているときのマッサージはNGですが、風邪の初期症状で疲れから来ているときは、マッサージで身体をほぐして疲れを取ることで早く良くなることが期待できます。

ストレス解消効果

様々な効果が期待できるマッサージにはストレス解消効果が期待できます。

マッサージを受けると、ストレスの原因物質のひとつの副腎皮質ホルモン「コルチゾール」が減ることが科学的にも証明されています

また女性は生理前になると肩こりや手足の冷え他、めまいなどの症状が出る人もいますが、多くは自律神経の乱れが原因になっています。

自律神経の乱れはストレスからもおこり、体温の調節機能を衰えさせたり、妊娠しにくい体になってしまいます。そのためストレスからくる自律神経の乱れの解消にも、ストレスが緩和されるマッサージはおススメです。

マッサージを受けているときは、施術の効果で心身ともにリラックスして癒されると共に、マッサージ師の手から人間的なぬくもりが伝わってきて、体の緊張だけでなく、心の緊張も解くことができます。

肉体的にも精神的にも疲れてマッサージに行った女性が、途中から言いようもなく気持ちが良くなり、終わったときに涙があふれて困ったという話を聞きました。

きっとその女性は体がほぐされたのと、マッサージ師の手のぬくもりとでストレスも解消されて気持ちまでゆるんで涙があふれたのではないかと思われます。

鬱病患者が増えている現代ですが、鬱病の治療にもマッサージが効果がありますが、打撲や怪我などには医師が必要と認めれば保険が適用になりますが、いまのところ鬱病には保険が適用にならないのが残念です。

ストレス解消にも効果があるマッサージなので、精神科とマッサージ治療との両方に通院している人は多いです。

リンパの流れを良くする効果

マッサージには様々な良い効果が期待できますが、リンパマッサージというのがあり、リンパの流れが良くなる効果があります。

マッサージを行って筋肉を動かしたり刺激を与えることで、リンパの流れが良くなり、リンパの流れが悪くて排泄できなかった細胞からの疲労物質も排泄されます。

リンパの流れが悪いと肝臓や腎臓も老廃物を排泄できませんが、マッサージを受けるとむくみが消えるのも、リンパの流れが良くなって体の外に老廃物が排出されるからです。

このようにマッサージはリンパの流れを良くして老廃物を体外に排出する効果があるので、リンパマッサージをすることで体の若返りが期待できます。

リンパマッサージは、リンパ節を中心に優しくマッサージを行いますが、私たちの体にはたくさんのリンパ節があります。

首のつけ根にある「頸部リンパ節」や、鎖骨にある「鎖骨リンパ節」に脇の下にある「腋下リンパ節」腹部にあり「腹部リンパ節」の他、脚の付根にある「鼠径(そけい)リンパ節」、そして膝の裏にある「膝下リンパ節」と、こんなにもたくさんのリンパ節があります。

体内に老廃物を排出しますから、リンパマッサージを行うことで、体内の毒素を浄化・排出するためデトックス効果も期待できますし、体の凝りや浮腫みや冷えも解消されます。 また、代謝が高まるのでダイエット効果がありダイエットにも応用されています。

また、リンパの流れが整うことでホルモンバランスや自律神経が整う他、新陳代謝が良くなり免疫力アップも期待できます。

リンパ節は顔にもあり、目の周りのクマの解消にもリンパマッサージがおススメです。方法は、目の周りを指の腹で力を入れず小刻みに優しくパタパタしてリンパの流れを促します。

血行を良くする効果

たくさんあるマッサージの効果の中でも血行を良くする効果が一番よく知られています。血行を良くすることで肩こりや首こりの改善ができたり、緊張型頭痛の改善にも役立ちます。また、月経前症候群の痛みにも効果がありますし、むくみの改善にも高血圧の改善にも役立ちます。

血管の病気とも言われる糖尿病の神経障害が足に出た私は、血液の流れが良くなるようにマッサージで体の外から応援しています。

血管には動脈と静脈があり、カラダの表面に近い部分に静脈が走っていますから、マッサージで静脈に沿って血液の流れる向きに体の表面をさすると、滞っている血液の流れが良くなり心臓へスムーズに戻っていきます。

足の血行が悪くて冷え性の人がいます。血行が悪いと心臓から遠い部分から影響が出てきますから、どうしても足が冷えるようになります。足のマッサージは自分でもできるのでおススメです。

ヨガでも足裏マッサージが行われていますが、あぐらをかいて座って土踏まずをぐーの手で叩きます。そして、手の指と足の指を絡ませて、足首をぐるぐる回します。その後足の指を1本ずつ揉んでいきます。

足裏マッサージの仕方もユーチューブでたくさん紹介されていますから、それを参考にして行うのもおススメです。また、足が冷えて困る人は足のマッサージだけでなく、体を冷やさないように注意をしてください。

意外に冷やしてしまうのが夏です。家にいるときは裸足になることが多いですが、腰まで冷やしてしまうこともあります。

私が以前そうだったのですが、眠っていても腰が痛くなって夜中に目を覚ましてしまうことがありました。原因は夏なのでスカートに素足でいたので冷えて血行が悪くなり、それで腰の痛みになったようです。